消費者金融の中には、違法な会社も多く存在して

消費者金融の中には、違法な会社も多く存在しています。たとえば闇金と呼ばれているところです。090金融などは悪徳な消費者金融ですから、注意しなければいけません。どんな消費者金融が違法なのか、それを紹介したいと思います。まず利息です。手数料を入れたとしても、年率29.2パーセント以上になっているところは、明らかに法律違反です。消費者金融に関する法律の中の出資法では、上限利率を29.2パーセントと定めていますから、それ以上の利息を取る場合には、出資法違反ということになります。そして消費者金融で借入をして、気がついてみると、もう自分ではどうしようもないくらいの、天文学的な金額の借金に膨れ上がっていたという場合には、すぐにでも国民生活センターに連絡をする。若しくは全国貸金協会連合会に連絡する。というのがいいでしょう。そして消費者金融の取り立ての際に、夜の7時を過ぎてからの電話や、家族のことで脅されたたとか、職場のことで脅された場合にも、これは違法ですから、こちらから通報することができます。消費者金融での借り入れは、基本的には保証人も担保も必要ありませんから、家族や本人以外の人が返済をする義務はありません。家族や配偶者、会社に返済をしてもらうと脅してきたとしても、それに応じる必要はありません。これらの消費者金融の違法な目に遭っている人や、可能性があるという人は。相談できる場所として、国民生活センターや日本消費者金融協会がありますから、相談しましょう。

消費者金融からお金を借りる際には、消費者金融の

消費者金融からお金を借りる際には、消費者金融の金利を見て借りなければいけません。ところが、意外に難しいのが金利です。消費者金融の金利には、下限金利というものと上限金利というものがあります。下限金利というのは、申し込みをして最初に融資してもらった場合
には、最高年利になるのですが、きちんと返済をしていけば、年利がだんだん低くなるというものです。そして上限金利というのは、消費者金融の実質年率には、大きな差があると思いますが、この差がある場合には、最初は一番幅の大きいものが適応になるというものです。
消費者金融の金利については、刑事的な法律として出資法上限金利というものがあります。こちらの上限金利は法律的に、29.2%となっていて、これ以上の金利でお金を貸した場合には出資法違反になります。そして消費者金融には利息制限法上限というのがあります。こちらは10万円未満の借入の場合には、20パーセントを超えてはいけないことになっていますし。100万円未満の場合には18パーセント。100万円以上で15パーセントを超えてはいけないことになっています。では消費者金融の金利で、20パーセント以上の利息を払っていた場合には、支払い過ぎということによって過払い請求をすることが出来ます。自分で申請するか、弁護士や司法書士などに頼ん
で、金利の過払い分を返還してもらえることになっています。これが俗にいう消費者金融の過払い請求です。

消費者金融の金利引き下げについて紹介したいと思い

消費者金融の金利引き下げについて紹介したいと思います。消費者金融の出資法上限金利は、年率が29.2パーセントということでしたが、その金利を引き下げて利息制限法の上限である、年率15パーセントから20パーセントということになりました。これは消費者金融からの、多重債務を、これ以上増やさせないことを目的として、新しくできた制度です。しかし消費者金融の金利引き下げによって、消費者金融側はかなり厳しい状況になるということから、少額と短期の消費者金融からの貸付の場合には、上乗せ金利をしてもいいという特例が付けられていますから、消費者金融でのグレーゾーン金利というものが、全くなくなってしまうことにはつながりませんでした。では消費者金融のグレーゾーン金利というのは何でしょうか。これは利息制限法で決められている、上限の15パーセントから20パーセントと、出資法の上限の29.2パーセントの間の金利のことを、グレーゾーン金利といって、上限金利の引き下げがすべてにおいて適用されれ
ば、この消費者金融のグレーゾーンというのは全くなくなってしまうのですが、そこまではまだまだ進んでいないので、現状はグレーゾーン金利が全く無くなったというわけではありません。しかし消費者金融の金利引き下げによって、それまでに払い過ぎていたという人の場合には過払い請求が出来るようになりましたから、その結果、消費者金融からの借り入れの残高が減った人や、無くなった人が出てきました。

消費者金融へのお金の返済に困っている人は、

消費者金融へのお金の返済に困っている人は、今後も後を絶たないといわれています。もしも消費者金融への返済が滞ってしまった場合には、どうなってしまうのでしょうか。消費者金融でお金を借り入れているのに、返済できない人というのは実に多いといわれています。その理由としてやはり金利が高いことも原因の一つになっています。消費者金融は金利が高いということを、知ったうえで借入をしている人が多いと思うのですが、やはりそれでも計画を立てずに、借入を続けていたために借入額が膨らみ、返済に苦しくなるという人は多いようです。消費者金融で返済できなくなってしまった人はどうなるのでしょうか。すぐに自己破産しなければいけないと思っている人も多いかもしれませんが、消費者金融の返済に困ったら、すぐに自己破産ということではありません。他にもいろいろと方法はあります。たとえば消費者金融の金利は高いのですが、過払いをしているという可能性もあります。その場合には過払い請求をすれば減額されたり。場合によってはすでに完済していたり。お金が戻ってくるというケースもありますから。必ずしも消費者金融への返済が滞ったから、自己破産しなければいけないというわけではありません。消費者金融への返済をしっかりと続けて完済するためにも、やはり計画を持って借入をするこ
とが一番大切なことだと思います。無計画に手軽にお金を借りている人ほど、後々返済できなくなって困るケースが多いのです。

消費者金融を、金利で選ぶという人も多いと思

消費者金融を、金利で選ぶという人も多いと思います。金利で選んだ場合に、今一番選ばれている消費者金融はどこがあるのでしょうか。金利の低さで言えば、消費者金融のモビットがとても人気があります。モビットは実質年率が15パーセントから18パーセントと、消費者金融の中では、低い金利での貸し付けを行っています。その次に、消費者金融を金利で選んだ際に選ばれているところとしては、モビットと同じ金利のアットローンや、DCキャッシュワンなども選ばれています。この三つはいずれも、金利が15パーセントから18パーセントとなっていて、限度額も300万円です。なぜこんなに、この三つの消費者金融は金利が低いのでしょうか。この三つに共通していることは、銀行系の消費者金融だからです。モビットも銀行系ですし、アットローンは三井住友銀行の消費者金融です。DCキャッシュワンは三菱東京UFJ銀行系の消費者金融です。やはり銀行系の消費者金融というのは、金利が他の消費者金融に比べると低めに設定されていることがわかります。銀行系以外の消費者金融の金利を見てみると、アイフルが12.775パーセントからですが、上限が28.835になっていますからグレーゾーン金利です。同じくディック、アイク、アコムなども同じような金利になっています。消費者金融を選ぶ際には、金利を見て選ぶという方法がありますが、銀行系の消費者金融は金利が低いのですが、審査が厳しいのが特徴です。

亀頭増大



TOP PAGE